ホワイトニング・歯の汚れ、黄ばみの原因

ホワイトニング・歯の汚れ、黄ばみの原因

 

自宅でホワイトニングを行いたいと思っている人は、まず歯の汚れや黄ばみの原因も知っておくことが必要となります。

 

どのような自宅ホワイトニングを行うにしても、原因はできるだけ避けるなどの努力も必要となります。
また改善できることは改善するようにしたいものです。

歯の汚れや黄ばみの原因

歯の汚れや黄ばみの原因は大きく分けて5つの原因があると考えられます。

 

  • 1つ目は生活習慣によるものです。

毎日しっかりとした歯磨きは、いろいろな食べ物、飲物、嗜好品などによる汚れを取るためには基本的に重要なことです。

 

また食後なども、きちんと歯磨きを行うという習慣が必要となります。

 

そしてタバコなどを吸う人は、寝る前に一服などは最悪です。

 

そのため食べ物、飲物、嗜好品の中でも歯が汚れやすいものを避ける努力や、食べた後のケアをきちんと行うことが必要となります。

 

  • 2つ目は遺伝的なものがあります。

もともとの歯の色が濃い人は、なかなか漂白しても白くなりにくく、プロのホワイトニングがおすすめ。それでも効果には個人差がでると言われているのです。同じ自宅ホワイトニングを行っても白くなる限界は、人によって違うとも言えます。やはりもともと濃い色の歯を持っている場合は、薬剤を使用したホワイトニングがおすすめです。

 

  • 3つ目は神経治療をした歯は、やはり黒ずんでくると言われているのです。

虫歯の治療により神経を抜いた場合、少しずつ歯の質がもろくなり割れてしまったり黒ずんできたりします。この場合はその歯自体のホワイトニングというより、被せ物をするようになるので、回りの歯とのバランスの良い色にすることが必要です。

 

  • 4つ目は、特に前歯などの小さな虫歯の場合、プラスチックで詰め物をすることがあります。

時間が立つといろいろな色素によって変化していき、その部分だけ色が濃くなってしまうことがあります。この場合もプラスチックの部分はホワイトニング効果は期待できません。

 

  • 5つ目はテトラサイクリンによる変色があります。

テトラサイクリンとは抗生物質の一種で、12歳ぐらいまでの歯の成長期に服用すると、歯に沈着すると言われており、この場合はホワイトニングでは効果がありません。どうしてもホワイトニングしたいという場合は歯の表面を削って、セラミンクをはり付けるという、美容歯科、審美歯科の分野での施術となります。