【オーラパール】製薬会社が8年間の研究成果の薬用ホワイトニング歯磨き粉

 

毎日の歯磨きタイムに使用するだけのホワイトニング歯磨き粉“オーラパール”。今までの歯磨きでは満足できない人におすすめの、くすんだ歯が白くなり、歯周病を予防するホワイトニング歯磨き粉“オーラパール”は、あの「ジキニン」でおなじみの製薬会社が8年間の研究を掛けて作り上げた薬用ホワイトニング歯磨き粉です。

 

黄ばみの原因はいろいろな色素などが挙げられていますが、実は根本的な原因は歯の表面のエナメル質の傷にあります。エナメル質に傷がなく、しっかり歯を守っていると少々の色素は頑固にくっつかず、毎日の歯磨きケアでも取れてしまいます。

 

しかしこのエナメル質には細かい傷がたくさんついています。食品などに含まれている色素であるステインとタンパク質が結び付き、それが細かい傷に入り込んでしまうと、普通の歯磨きケアでは取ることはできません。そしてどんどん色素が溜まっていき、黄色くなってしまうのです。

 

「口内環境の悪化→エナメル質に細かい傷がつく→着色が定着する→口内環境の悪化」というように悪循環がどんどん口内環境を悪くしていき歯を黄色くしていきます。特に日本では成人お8割は歯周病とも言われているのです。このような悪循環を切ることが重要であり、そのためにも“オーラパール”がしっかりサポートしてくれます。

「オーラパール」の成分と効用

エナメル質の成分でもあるナノ粒子化した「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合。歯垢や汚れを取る働きの他に、歯の表面のエナメル質の部分にできた細かい傷を修復し、表面を丈夫にするという3つの働きがあります。
エナメル質の傷には目に見えないようなミクロの傷がいっぱいです。

 

そのため毎日使用することで、エナメル質はいつもつるつるの状態になります。そしてエナメル質の傷が修復されることで、歯の輝きは倍増、輝く白い歯を作り上げるのです。また加齢とともに歯肉炎などの歯周病が進行し、歯茎が痩せて口臭の原因や歯を失うことにもつながります。

 

そこで“オーラパール”には「塩化リゾチーム」を配合。「塩化リゾチーム」は体内に存在し、止血、消炎、容菌効果があり、歯茎の腫れを抑え、歯周病を予防します。「塩化リゾチーム」と「薬用ハイドロキシアパタイト」を同時に使用することで、歯と歯茎の健康を守り、その上白い歯を作ることができることに、長年の研究によっていきついたのです。

 

オーラパールは、低発泡性の歯みがき剤です。ラウロイルメチルタウリンNa

オーラパール

【全成分】
水、薬用ハイドロキシアパタイト、塩化ナトリウム、ゼオライト、マクロゴール400(PEG-8)、塩化リゾチーム、グリチルリチン酸、ε-アミノカプロン酸、塩化セチルビリジウム、イソプロピルメチルフェノール、濃グリセリン、無水ケイ酸、グリセリン脂肪酸エステル、ラウロマクロゴール、CMC・Na、香料、酸化Ti、ラウロイルメチルタウリンNa、メントール、チャ乾留液、アスパラギン酸、セリン

「オーラパール」の価格とお得なコース

 

オーラパール

 

通常価格2,160円(税抜)+送料無料。定期コース2本ずつ2カ月ごとに3,672円(税抜)送料無料(1本あたり1,836円)となります。
また毎回お届けごとにイオンケア歯ブラシ2本プレゼント。
オーラパールには定期コースの回数縛り(最低◯◯回継続)はありません。中止や変更は電話で簡単にできます。